インビザライン矯正のメリット

インビザライン矯正とワイヤー矯正の違い

アライナー矯正(マウスピース矯正)「インビザライン」へのお問い合わせ・興味をお持ちの患者さまが増えてまいりましたので、インビザライン矯正の利点を患者さまサイドの目線で整理してみました

・飲食時に装置を外せるため食べる物に制限がない
・ブラッシングしやすい
・日常会話にも支障がない
・装置を装着していても目立たないため周りから気付かれない
・雇用契約の上で装置が見えてしまってはいけない方でも装着可能
・5年間のメーカー保証

簡単に列挙するだけでもこれだけあります。

インビザラインは製造メーカーであるアラインテクノロジー社によるここ数年の技術革新により、ワイヤー矯正に劣らないばかりか、ワイヤー矯正と同等以上の治療成果をもたらすようになってきました。

そこで日常生活での使い勝手の良さだけではないメリットを、専門的にあらためて整理したいと思います。

1.ワイヤー矯正では「抜かないとダメですね」と言われてしまう抜歯矯正がほとんどなくなる

もちろん全ての症例ではありませんが、いわゆる抜かなくても治療出来る矯正の症例がかなり広がります。
私自身、歯を抜く矯正「抜歯矯正」は基本的に嫌いですが、舌側矯正と呼んでいる裏側矯正や表側のワイヤー矯正では泣く泣く抜歯して矯正治療を行う必要のあるケースも少なくありません。
矯正治療前の分析の結果「抜歯が必要」と正式に診断されたケースで、その診断内容をそのままインビザライン治療にあてはめてしまってはいけないケースもあるくらいです。

2.ワイヤー矯正よりも治療が得意な歯列不正もある

奥歯で噛んだ時に前歯が空いている「開咬」と呼ばれる歯列不正はワイヤー矯正ではなかなか上下前歯のスペースを閉鎖するのが難しいのですが、インビザラインではその難易度が下がります。

噛んだ時に下の前歯が隠れて見えなくなってしまう「過蓋咬合」もワイヤー矯正では装置が噛んで当たってしまい、たびたび脱離を起こすことが少なくないのですが、インビザラインではそのようなトラブルはなくなります。
「骨格性下顎前突」と呼ばれるケースで分析の結果「外科矯正が必要」とならなければ、治療できるケースも少なくありません。

3.緊急トラブルがほとんどない

ワイヤー矯正をはじめとする固定装置による矯正治療は、装置の脱離や破損・ワイヤー破折を部分的に起こしただけで歯が動かなくなってしまうため、直ぐに来院して頂き再装着しないとそれだけ治療が遅くなりますがインビザラインの場合、そこまでの緊急性は薄くなります。

4.後戻りの対処がしやすい

治療完了後に後戻りを起こしてしまった場合、それがメーカー保証期間の5年以内であれば装置代金はかからず装置を製作することが可能です(他の装置では装置の応じた金額が発生してしまいます)

それ以外ですとワイヤー矯正からインビザラインに装置を変更する場合、割引価格で治療を継続することが可能です。
当院の治療中はもちろんのこと、そうでない場合でも可能ば場合があります。
ただし、メーカーの指定する期間内に限られます。

インビザライン治療は1日20時間以上の装着さえできれば、メリットの多い矯正装置とも言えます。
矯正治療をご希望の方はぜひご検討下さい。


電話予約
⬇️
📞047-353-7696
(スマートフォンはタップで電話できます)

WEB予約はこちらから

RESERVA予約システムから予約する