Dental check歯科検診

予防歯科で歯を守りましょう

予防歯科が広まる以前の日本では「歯科医院は歯が痛くなったら行く所」で、虫歯や歯周病の自覚症状が出てから歯科医院で治療を受ける対症療法が中心でした。
しかし一度削った歯は治療をしても元には戻らず弱くなり、再び虫歯になっては再治療を繰り返し、最終的には歯を失うことがほとんどでした。
現在は「虫歯や歯周病にならないようにする予防歯科」という考えが生まれ、徐々に浸透しつつあります。

毎日ご自身でしっかりブラッシングしていても、歯垢や歯石は必ず付いてしまいます。
歯の痛みや歯ぐきの腫れ等、自覚症状が出た時には虫歯や歯周病は既にかなり進行してしまっているのです。

お痛みが出る前に、初期の状態で発見できれば、治療も短くてすみますし、治療費も抑えることができます。
できれば3ヶ月〜半年に1度、間隔を空けすぎても年に1度は定期検診を受け、普段のケアで取り除けない汚れを歯科医院で除去することをおすすめします。

定期検診でのチェック

虫歯・歯周病の検査

虫歯や歯周病になっていないかを確認し、歯周ポケットの深さを検査します。

クリーニング

歯科衛生士が専用の器具を使って行う歯のクリーニングです。
普段の歯みがきでは取りきれない歯の汚れや着色をきれいに除去します。歯の状態や検診の周期により歯を強くするフッ素コーティングを行います。

カウンセリング・アドバイス

歯や口元のお悩みについてのご相談、歯ブラシの種類や選び方・使い方等のお手入れ方法、食習慣などに関するアドバイスが受けられます。

自宅で日常行う「セルフケア」と歯科医院で受ける「定期検診」「プロフェッショナルケア」を併用することで虫歯や歯周病のリスクを減らし、口内を健康な状態に保ちましょう。

もっと詳しく(予防歯科)

 

RESERVA予約システムから予約する