歯周病の主な症状

  • 時々歯ぐきが腫れている
  • 歯を磨くと出血する
  • 口臭が気になる
軽度の歯周病かもしれません
  • 歯ぐきが後退し、歯が長くなったように見える
  • 歯と歯のすき間に食べ物がはさまりやすい
  • 硬い物を噛むと歯が痛い
症状が進行してきた
中度の歯周病かもしれません
  • 歯が動くようになり、以前より噛めなくなる
  • 歯ぐきから膿が出る
  • 歯がグラグラになり、抜け落ちてしまう
自覚症状がある
重度の歯周病の可能性が高い

歯周病は歯を失う原因の第1位

日本人の成人の約8割が歯周病に感染しているといわれています。
歯周病菌が歯ぐきに炎症や出血を起こさせ、顎の骨を破壊して溶かしていき、やがて歯がグラついたり抜け落ちたりしてしまいます。

一般的に歯周病の初期段階では痛み等の自覚症状がないためそのまま放置して手遅れになり、歯を失う原因の第1位となっています。

歯周病が引き起こす全身疾患

歯周病はお口の中だけの病気ではありません。
歯周病菌は血液を介して全身を巡り、肺炎心筋梗塞・心臓発作・脳梗塞の要因となります。
妊娠中の女性が歯周病の場合、早産低体重児出産のリスクが非常に高くなります。

歯周病の検診・治療

歯周病にかかっているかどうかは、歯周ポケットの深さを計り診断します。
歯周ポケットは歯と歯ぐきの間にできる「すき間」です。この深さを専用の器具でチェックし、深い場合は歯石除去などの処置を行います。

歯周ポケットが深くなる原因は歯垢や歯石に含まれる歯周病の細菌です。
一度付着した歯石はご自身の歯磨きでは完全に除去することができないので、歯科医院で歯垢や歯石を定期的に除去する必要があります。

歯周ポケットは初期の場合、歯石除去やクリーニングで歯ぐきの炎症・歯周病の進行を食い止め、歯ぐきを引き締めることができます。

歯周病は年齢にかかわらずかかる病気であり、原因を除去しない限り自然治癒することはありません。
できるだけ早く適切な治療を受けること、発症を未然に防ぐ予防を心がけることが大切です。

 

もっと詳しく(歯周病治療)

 

RESERVA予約システムから予約する