suitこんな方に向いています

インビザラインはこのような方に向いている、おすすめしたい矯正治療です。

インビザラインが向いているのは?

患者さまの歯の状態やご希望にもよりますが、おもに以下のような方が向いています。

矯正治療を受けているのを他人に知られたくない方

薄くて透明な材質の装置であるため、ご自分から相手に話さない限り、ほとんど気付かれることはありません。
実際に付けていても矯正治療をすることができます。

ワイヤーが嫌で今まで治療できなかった方

金属のワイヤーによる矯正治療は目立つので恥ずかしい、友達にからかわれる等、特に小学生〜思春期のお子様にはコンプレックスになる恐れがあります。この度「インビザライン・ファースト」という成長期のお子様向けの装置も登場しましたのでぜひご相談下さい。

人前に出るお仕事をされている方

接客業や芸能活動をされている患者さまには、同じく目立たない裏側矯正をご希望の方もいらっしゃいますが、お食事や歯みがき等のお手入れがしやすくお痛みや緊急的な来院の可能性が少ないことからインビザラインもおすすめです。
★ 会社によっては《目立たなくても表側に器具を着けるのはダメ》《入社後に治療を始める場合は上職に相談が必要》等の規定があるようですので詳細を確認の上、ご相談下さい。

矯正治療のために食べたい物を我慢するのは嫌な方

お食事の時にはマウスピースを簡単に取り外すことができるので、食べ物が装置に挟まることも食べにくい物を我慢することもありません。
ただし水以外の飲み物を飲む場合にも外す必要がありますのでご注意下さい(着色・変形を避けるため)。

できるだけ痛みの少ない治療を受けたい方

マウスピース1個あたりの歯の移動量が計算されており、小さい力で移動予定の歯だけを動かすため、痛みが小さいと言われています。
勉強や仕事に集中する上でも、痛みは極力少なく矯正治療を受けられるのもインビザラインの特徴です。

結婚式・就職活動などに合わせて矯正治療をしたい方

もちろん披露宴や面接までに装置を外せるのが望ましいですが、日程に余裕がない場合や事前に前撮りがある場合でも、固定式の装置のように数日間一時的に外したら後戻りしてしまった、ということがありません。大事な面接や披露宴、写真撮影の時だけ外しておくことが可能です。

前歯のすき間や傾き・出っ張りの治療に。

前歯のちょっとした傾き・すき間・引っ込み・出っ張りを治したい方に。
治療方法のご提案のひとつとして、インビザラインの併用をおすすめする場合があります。

海外出張や海外赴任、留学等で長期間通院できない方

通院できない期間が数年間に及び保証期間の5年を超えてしまう場合は不可能ですが、一時帰国も含め数ヶ月間であればアライナーをまとめてお渡しできます。毎月のクリーニングができないため、セルフケアは徹底的に行なっていただきます。

 

インビザラインの矯正相談はこちらからご予約いただけます。

RESERVA予約システムから予約する