invisaline systemインビザライン・システムとは?

インビザラインは、取り外し可能な透明のマウスピース「アライナー」を装着することで歯並びを整える新しい矯正治療です。

透明で目立たないため装着していても周囲に気付かれることはありません。
取り外すことができるため普段通りにお食事や歯みがきができて衛生的です。
金属製のワイヤーを使用しないため金属アレルギーの心配もありません。

世界においては、2018年に600万症例を超え一年間で約100万人近くが同装置で矯正治療を行っています。

インビザラインは、マウスピースを1日20時間以上
約10日ごとに交換しながら連続して装着し、歯列矯正をおこないます。

インビザラインのメリット・デメリット

自分で取り外し可能、しかも快適

インビザラインは自分で取り外しが可能なためブラッシングがしやすく、歯磨きやフロスも普段通り行えます。固定式の装置のように装置と歯面の間にプラークが沈着することがないので矯正中も歯や歯周組織を健康に保てます。

アライナーは装着時に目立たない、薄く透明なポリウレタン材質で着脱が可能です。
1ヶ月毎の受診の都度、治療の進行状況に応じて新しいアライナーを受け取ります。

痛みがほとんどない

ブラケットやワイヤーを使用しないため装置が粘膜や舌にあたる痛み、それによる口内炎を生じることはほとんどありません。
新しいインビザラインに交換した直後はしめつけられるような感覚(痛みと違和感の間くらいの感覚)がありますが、数時間で治まります。

好きなものが食べられる

お食事の時に装置を外すことが可能なので、従来の矯正装置のように食事の度に食べ物が装置に絡み付く煩わしさがありません。
食事制限がないため矯正治療開始前と同じような食生活が可能です。

金属アレルギーの心配がない

インビザラインはポリウレタンのマウスピースなので、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。金属アレルギーの方でも安心して矯正治療が可能です。

装着中でも話しやすい

薄くなめらかな装置なので裏側矯正装置のような厚みや凹凸がなく、しゃべりづらさや発音障害がありません。
接客業務などの仕事をされている方もお気軽に矯正を始めることができます。
無事に内定をもらえたという学生さんも、装置をはめたまま面接等の就職活動をしていらっしゃいました。

予定外の緊急的な通院がない

ワイヤーがずれて先端が刺さる・ブラケットが取れるというような、部品が取れたり外れたり口腔内を傷つける心配がないため、緊急的な歯科医院への通院が基本的にはありません。

 


装着時間が長い

患者さまがご自身で装着することによって歯の移動を行う装置です。
1日20時間以上使用しないと歯が目的の位置まで移動しないので、時間が短いと治療期間が延びたり、結果が思わしくないということもあります。
基本的に食事と歯磨き以外の時間(1日22時間以上を推奨)は、常時装着するのが望ましい装置です。

対応できない症状がある

顎の骨の過度の成長や未発達、上下左右に大きく変形して骨格的なバランスに乱れが生じている場合等、外科的手術が必要な外科的矯正に該当する症例には対応できません。

場合によっては再製作の可能性も

装着時間が不足していたり装置がうまくはまっていなかった場合、途中で虫歯の治療をして歯の形が大きく変わった場合、転倒して歯が欠けたりした場合等は、装置が合わなくなってしまいます。紛失した場合と同様、アライナーの再製作をします。

 

インビザラインでの矯正治療をご希望の方へ

  • 1日20時間以上マウスピース(アライナー)を装着し、成人の方は10日で交換します。
  • アライナーの交換や通院のペースについては歯科医師の指示に従って下さい。
  • お食事や水以外の飲み物を飲む時、歯みがきの時にはアライナーを外します。
  • アライナーのお手入れはブラシにマウスピース用の洗浄剤(歯磨剤は不可)をつけて洗い、清潔に保ちます。匂いが気になる時は浸け置き用の錠剤を使用して下さい(詳しいお手入れ方法は歯科衛生士にお尋ね下さい)。
  • アライナーを紛失した場合、うまくはめられない(合わない)時はご予約日を待たず、すぐに医院にご連絡下さい。
  • アライナーの適合性や歯の動きを助ける目的で歯面に「アタッチメント」という歯と同じ色の突起物を装着します。また、必ずではありませんが噛み合わせの調節のために小さなゴムを用いる場合があります。

 

インビザラインの種類

インビザライン コンプリヘンシブ・パッケージ 5年間保証。アライナーの作成枚数無制限。治療計画の変更可能。
 invisalign full (インビザライン・フル) 永久歯列の大人の方に。
 invisalign teen(インビザライン・ティーン) 中学生・高校生の思春期のお子様に。
invisalign lite(インビザライン・ライト) アライナー14回分以内(約7ヶ月)で治療可能な軽度の不正咬合・部分矯正に。アライナー再製作2回まで。
invisalign i7(インビザライン・アイセブン) アライナー7回分以内(約3.5ヶ月)で治療可能なより軽度の不正咬合・部分矯正に。追加アライナーは1回まで。
invisalign first(インビザライン・ファースト) 治療期間1年半(18ヶ月)。乳歯と永久歯が混在する成長過程のお子様に。

 

インビザラインの矯正相談はこちらからご予約いただけます。

RESERVA予約システムから予約する