一般歯科/丁寧な説明と治療

一般歯科

当院の診察の流れ

初診時

初めての方はお電話・メールフォーム・受付にて必ずご予約下さい。

予約なしでもご案内は可能ですが、治療ユニット(椅子)が全てふさがってしまっている場合・現在の状態をお調べし、説明や治療をする時間が充分に確保できない場合は改めて来院していただく可能性があります。

激しい痛みがある・前歯が取れた等、急患の方にはご予約の患者様の施術の合間にお待ち頂きながらの治療となりますのでご了承下さい。

なお、土曜日・平日の夕方等はご希望通りの時間帯にご案内できない場合がございます。なるべく早めにご予約下さい。
治療についての説明は丁寧に、充分時間をお取りします。

主訴に対する治療(初診時 )

簡易検査を行い、主訴(来院された理由→歯が痛い、歯肉が腫れた・被せものがはずれた等)に対する治療をします。
1回で終了する場合もあれば、その箇所だけで数回ご来院いただく場合もあります。

多忙で来院する時間があまり取れない、様々な理由で気になる所だけの治療をご希望の患者様はここで終了となります。

検査

主訴の治療と平行して、もしくは治療後、レントゲン検査・歯周組織検査・歯型・口腔内写真・顔貌写真等、必要な検査を行います。
レントゲン・歯周組織検査・歯型・口腔内写真等、必要な検査を行います。

状況説明・治療計画相談

口腔内の問題点は、患者様ご自身が気付いているところと気付いていないところがあります。


インフォームドコンセントを大切にしております問診表や検査結果、また患者様とのお話を元に、まずは問題となるところを整理し、現状と今後について理解していただくことに努めます。

数本虫歯があるだけで、あとは大丈夫といった簡単なものから、中等度以上の歯周病や多数歯に渡る欠損があり、噛み合わせにも問題があるといった複雑なものまで様々です。

病態に応じて必要な検査、説明にかかる時間、治療にかかる期間・費用・方法等も当然変わってまいります。ここである程度の方針を決めておくと、その後の治療も効率的になります。
検査と併せて数回ご来院いただく場合もあります。

治療

虫歯治療・歯周病治療を、計画に添って進めてまいります。
歯にやさしく、痛みの少ない治療を心がけています。虫歯の治療

メインテナンス

病状が治癒もしくは安定したところで、毎月〜数ヶ月に1度の間隔でご来院いただきます。

お口のクリーニングと併せ、虫歯や歯周病が新たに進行している箇所がないか等をチェックします。約1時間程お時間をいただきます。
メインテナンス

痛くない治療・無痛治療

「歯の治療は痛くて怖いから苦手だ」「痛いから治療に通いたくない」という患者様にできる限りお痛みを感じず治療を受けていただけるよう、当院では細心の注意を払って治療を行い、1日も早く完治していただきたいと考えております。

治療中にお痛みを感じないよう、無痛的に麻酔を使用します。

麻酔薬はカートリッジウォーマーを使用して温めております。
患者様の体温と麻酔薬との温度差が刺激となり、注入時にお痛みを感じる場合があるためです。

あたためた麻酔薬でお痛みを少なく注射の前に表面麻酔を施し、時間をおいてしっかりと効かせます。
歯茎の表面の感覚をなくすことで、針を刺す痛みを軽減することができます。

麻酔が効いているのを確認した後、極細の針で麻酔薬をゆっくりと効かせながら注入すれば、注射の痛みはほとんど感じません。
当院で使用する麻酔針の太さは極細の31G(0.28mm)・超極細の33G(0.26mm)です。

細くて痛みの少ない注射針その後、十分に時間をおき、お痛みを感じないのを確認してから治療を開始いたします。

歯の治療に恐怖心がある、痛いのが苦手等で無痛治療をご希望の方はご遠慮なくお申し付け下さいませ。

奥歯も保険で白い歯に。
ハイブリッドCAD/CAM冠

CAD/CAM冠で、保険でも奥歯を白く。

保険治療で白いかぶせ物にすることができるのは前歯の犬歯から犬歯までの上下各6本ずつ、計12本でした。2014年4月からの新しい保険制度より4番目・5番目の小臼歯にもハイブリッドレジン製の白い被せもの(CAD/CAM冠)に国民健康保険が適応されるようになっております。

また、金属アレルギーの方に限り、皮膚科の紹介状があれば6番目までが保険治療が適応になり、
さらに昨年より上下左右の7番目が全て残っていれば6番目の歯もCAD/CAM冠で白くできるようになりました。

それ以外の奥歯に関しては保険内では金属の歯(色は銀色)しか入れることができません。

保険外(自費診療)の白いかぶせ物との違いは、色を細かく指定することができないことと耐久性です。

保険で使用する白い材料は「レジン」と呼ばれるプラスチックに似たもので、ある程度の色調しか再現ができず、完全に周りの歯と同じ色に合わせることは材質上不可能です。また、2~3年の間に変色してしまいます。

診察用の設備・機器

安全で鮮明なデジタルレントゲン

レントゲン装置はデジタル化しております当院では平成21年9月より、レントゲン装置を全てデジタル化しました。
フィルムの代わりにX線センサーを使用するため、X線の被曝量を減らすことができます。

デジタルレントゲンの画像画質がクリアなのは言うまでもありません。
クリアな画像により診断もより正確になります。
現像の手間もいらないため、画像は数十秒で表示されます。

徹底した滅菌・消毒

肝炎やHIVなどの感染に対応した治療器具の消毒を完全に行っています。
治療器具は患者様おひとり毎に1セットずつ滅菌バッグという袋から取り出して使用しております。

滅菌された治療器具注射針・メスの歯・うがい用のコップなど多くのものをディスポーザブル(使い捨て)にしています。歯科医師・歯科衛生士は、ディスポーザブルの手袋をはめ、手指の消毒をしておりますのでご安心下さい。

タービンの洗浄専用機

むし歯を削る時に使うタービン(ドリル)専用の洗浄機器・クアトロケア。
タービン内部の血液や唾液を1本1本清掃・滅菌を行いますので、衛生的に安心して治療を受けることができます。

世界最高水準の滅菌器

世界最高水準の滅菌が可能な滅菌器を導入しました。
滅菌とは120℃または134℃で増殖性を持つあらゆる微生物を完全に殺滅または除去することです。
当院で治療に使用した器具は滅菌消毒し、清潔な状態にしております。

当院のスタッフは日本医療機器学会認定、第2種滅菌技士の資格を取得しております。
日本医療機器学会は歯科よりも医科関係の加入者の多い学会です。

スタッフは滅菌技師の資格を取得しております

口腔外バキュームでクリーンな診療室に

口腔外バキュームでクリーンな空気に

歯を削ったり入れ歯や銀歯の調整をする時、歯の削りかすや金属片、血液や細菌など目に見えない細かい粉塵がたくさん飛び散っています。
口腔外バキュームは強力な吸引力で治療中に発生する細かい粉塵を吸い取り、診療室を快適でクリーンに保ちます。

レーザーで虫歯の深さを検査します

虫歯は穴があいたり歯の内部が黒く透けて見えるなど、明らかにそれが「虫歯」であるとはっきりしているケースもありますが、見た目にはそれとわからない状態でも中で深くなってしまっている場合もあります。

虫歯探知レーザー虫歯探知レーザー、ダイアグノデント。
微弱なレーザー光を歯に照射し、その反射光で虫歯の度合いを測定しますので、歯を傷つけることなく、虫歯を探知することができます。

虫歯の深さをレーザーで測り、その結果ある一定の数値に達した場合のみ治療をおすすめしています。

新しい歯のクリーニングで予防

エアフローによる歯のクリーニング

ヨーロッパで主流のスイス製歯面清掃器・エアフロー。
歯面清掃機能と超音波スケーリング機能を兼ね備えています。

さわやかなレモン風味のパウダーが超微細なウォータースプレーと共に射出し、歯にこびりついた頑固なヤニやしつこい色素沈着、プラークを素早く除去します。

着色がついてしまった歯

クリーニングで着色はきれいに

精度の高い型採り

精密な技工物(かぶせ物や入れ歯)を制作するためには正確な印象採得(型を採ること)が大切です。
そのために当院では精密で均一したペーストを練り上げることができる、最新の印象材自動練和器を採用しています。

精度の高い型採り

これにより常に高水準でのクオリティーを保つことが可能になり、患者様により精度の高い綺麗なかぶせ物をお作りすることができるようになりました。


よくある質問・一般歯科

歯の治療はどうして1回では終わらないのですか?
1本の歯だけを治療する場合、1回で終わる場合もあります。

歯と歯の間にかからない奥歯の溝、平滑面と呼ばれる平らな部位で浅い虫歯であれば1回の治療で完結します。
ただし、その状態の歯であっても2本以上ある場合、歯と歯の間に虫歯がある場合、歯の神経に達する深い虫歯がある場合は、治療が完結するまでに複数回の通院が必要です。以下は1ヶ所の虫歯の大まかな通院回数の目安です。
・奥歯の歯と歯の間に虫歯がある浅い虫歯の場合→2回
・歯の神経まで達する深い虫歯の場合→ 奥歯4~5回以上・前歯5~6回以上
1度治療したのに再治療が必要と言われました。どうしてですか?

再治療が必要な場合、次のような原因や理由が単独あるいは複合的に起こっていることが考えられます。

・治療した部位や同じ歯の別の場所に、また虫歯ができてしまった。
・詰め物やかぶせものが欠けてしまっている、破損している。
・詰め物やかぶせ物を治療して年数が経過していて劣化している。
・かぶせ物が外れかかっている。
詰め物やかぶせ物は永久的な物ではありません。
一般的に保険で入れた材料は保険外の材料と比較して早く劣化します。
全体を被せてあって、一見ご自身の歯がないように見えていても、必ずかぶせ物の境目や内部にはご自身の歯が存在します。
神経を取っている歯であれば虫歯が進行しても痛みはありませんし、自覚症状を起こす頃には残せないほど悪くなってしまうことも考えられます。
早めに再治療をすることによりその歯を残していくことができるかもしれません。
治療が完了し、通院が終了しても定期的に通院することで予防が可能になり、再治療までの期間を長くすることが可能です。

RESERVA予約システムから予約する

関連する治療内容

  1. 目立たない入れ歯

  2. 歯の痛みとその原因

  3. 説明中

    丁寧なカウンセリングと痛みのない治療