T4K(ティー・フォー・ケー )/マイオブレース

浦安 あらかわ歯科医院・T4K

T4K(ティー・フォー・ケー)

取り外しができるマウスピース矯正

今まで固定式の矯正装置でないと治療を進めることができなかったケースでは、「T4K( ティー・フォー・ケー)」というマウスピース型の矯正装置で治療を続けることをお勧めしています。

浦安 あらかわ歯科医院・T4K

オーストラリアの矯正医が開発した装置です。
「T4K」は「トレーナー・フォー・キッズ」の略です。

浦安市 あらかわ歯科医院・T4Kの画像

実は大人用の装置もあって「T4A(ティー・フォー・エー:トレーナー・フォー・アダルト」と呼ばれていました。 最近「Myobrace(マイオブレース)」という呼び方でシステムが一新されました。
これが正式名称なのですが、日本では「ティー・フォー・ケー」という名称の方がまだ認知度が高いです。

この矯正に使用するマウスピースは、舌を本来あるべき位置に自然と誘導してくれるという大きな効果もあります。
マウスピースを入れることにより、お口周りの筋肉(口腔周囲筋)を鍛え、歯を抜くことなく歯並びが治っていきます。

歯並びの悪さ=お口周りの機能に問題点が

T4Kは歯列不正の原因である舌・口唇・頬などお口周りの筋肉を正しく成長させて不調和を改善し、歯並びを治していく治療器具です。

「口腔周囲筋の不調和」の代表的なものには、習慣的に口を開いてしまっている「口ぽかん」の状態や、発音時や咀嚼・嚥下時に舌を突き出すなどの「舌癖」と呼ばれているものがあります。

口腔周囲筋が「筋トレ」により鍛えられて正常に機能するようになり、その結果、歯を正しい歯列へと導きます。

舌の位置が間違っていたり口で呼吸をしていたりすると、お口周りの機能が改善せず、せっかく並んだ歯並びも後戻りの可能性が高くなったり、将来顎の痛み等様々な問題を引き起こす可能性が高くなります。

就寝時とそれ以外の1〜2時間に毎日・毎晩装着します

就寝時以外に1~2時間と就寝時に毎日・毎晩装着します。
この時間を確保できれば、(固定式の装置と比較して)治療期間はやや長めになりますが治療を続けることが可能です。

syudynow

学校に持って行く必要がありません。痛みもありません。
宿題をやる時間や勉強の時間に装置を入れられると良いですね。

 

T4K・マイオブレースの7つのメリット

  1. 装着時間が短い・・・就寝中と日中1〜2時間のみでOKです
  2. 学校に持っていく必要がない・・・見た目や発音を気にすることなく治療ができます
  3. 痛みがない・・・ブラケット矯正や抜歯矯正のようなお痛みを感じることなく治療ができます
  4. 治療費が比較的安い・・・検査代・装置代・通院料だけと比較的安価で治療可能です
  5. 治療後に後戻りがない・・・歯列不正の原因であるお口周りの機能が改善すれば、後戻りすることはほとんどありません
  6. 上下の噛み合わせが安定する・・・マウスピースが上下一体型の為、見た目だけ並べるのでなくしっかりと噛める噛み合わせへと安定させながら歯並びを整えることができます
  7. 楽器が吹ける・・・吹奏楽部の方も諦めずに楽器の演奏と矯正治療が可能です

gamenow就寝時以外の1〜2時間の装着が非常に大切です。
TVを見ている時間・ゲームをしている間などに時間を確保しましょう。

楽器が吹ける矯正装置

トランペットやホルン、トロンボーンのように唇にマウスピースを押しつけるタイプの楽器は、表側に矯正装置がついていると装置の出っ張りが気になったりお痛みが出る可能性があります。
フルートの場合は前歯に装置がつくことにより、主に下唇が前歯の上を滑らかに動かず微妙な調整がやりづらくなり、音色に影響を及ぼすことがあるようです。

T4Kは楽器の演奏時に取り外しができるため、吹奏楽部への入部を諦めたり、治療を機に楽器を変えたりする必要がありません。

吹奏楽部に入部するお子様をお持ちの方、これから新たな楽器にチャレンジしたいという方のご相談をお待ちしております。

浦安 あらかわ歯科医院・吹奏楽

 

 

保険外治療(自費治療)にはクレジットカードでのお支払いをお選びいただけます。

取り扱いクレジットカード
JCB / VISA / Master / Diners / Amex等
card

 

分割でのお支払いをご希望の方はスルガ銀行のデンタルローンをご利用いただけます。

suruga

関連する治療内容

  1. 浦安 あらかわ歯科医院・ムーシールドのページへ

    ムーシールド/子どもの受け口治療

  2. ホワイトワイヤー(白い矯正装置)

  3. 部分矯正・プチ矯正

  4. インビザライン・目立たないマウスピース矯正

  5. 中学生・高校生の矯正治療

  6. 矯正装置の種類・治療の方法