子どもの矯正治療小児矯正

お子様の歯並び。
「あれっ?」と思ったら早めにご相談下さい。

当院の矯正治療の基本コンセプトは「予防」です

「予防矯正」と言った方が良いかもしれません。
歯が生えるため・並べるためのスペースを確保し、歯が曲がって生えないようにしていきます。

6〜8歳くらいで一度かみ合わせをチェックしましょう

歯並びの問題は顔の問題に関係しています。
目も目尻も上あごの骨の上に乗っています。上あごの骨の発育が悪ければ目が垂れたり、目の下にしわができてしまいます。

口をポカンとあいていれば、口の周りの「口輪筋」と呼ばれる筋肉が弱くなり、口元や唇の形が変わり、やがて出っ歯になってきます。
また、指しゃぶり、舌の使い方等の習慣も将来の歯並びに悪影響を及ぼす可能性があります。

前歯が生えかわり「6才臼歯」と呼ばれる永久歯が生えてくる6才までのあごの発育が不良の場合、永久歯の生えるスペースが不足して、永久歯が曲がって生え、歯並びが悪くなります。

これを放置した場合、成人になってから治療するには負担が大きくなってしまう可能性があります。
問題点を知った上で治療をしないのと、何も知らなかったのでは違うはずです。一度相談だけでもしてみることは非常に大切です。

このような歯並びのご心配がありましたら、ぜひご相談下さい

開咬
(かいこう)

奥歯をかみ合わせた時に前歯がかみ合わず、上下の前歯のすき間が窓のように開いてしまう状態です。
前歯で物をかみ切れず、正しい発音ができなくなります。
指しゃぶりなどが長く続いた場合に起こりやすくなります。

乱ぐい歯
(叢生・そうせい)

小さなあごに大きな歯が並ぼうとした時に起こります。
多くは上の糸切り歯が飛び出し、八重歯になります。
歯ブラシがうまく届かず汚れが残りやすいので、虫歯や歯肉炎の原因になります。

すきっ歯
(空隙歯列・くうげきしれつ)

歯と歯の間にすき間ができてしまう歯並びです。
あごに対して歯が小さかったり歯の本数が足りない場合、歯に較べてあごが大きい場合などに起こります。

出っ歯
(上顎前突・じょうがくぜんとつ)

上の歯並び全体が前に出ていたり、上あごの前歯が強く前に傾斜していたりするものです。
口を閉じることができないほど出ていると転んで前歯を折ったり、唇を切ったりします。

過蓋咬合
(かがいこうごう)

上の前歯が下の前歯に深くかぶさっているかみ合わせで、下の前歯が隠れて
見えないこともあります。
上の歯ぐきをかんだり、傷つけたりすることがあります。

受け口
(反対咬合)

下の前歯が上の前歯よりも外側に出ているかみ合わせです。
上下の前歯の傾斜に問題がある場合と、下あごが大きく上あごが小さいことなどによって起こる場合とがあります。
うまくかめないだけでなく、聞き取りにくい話し方になります。

異所萌出
(いしょほうしゅつ)

永久歯が歯並びの内側や外側にずれて生えてきてしまいます。
早期に対応しないと本来生えるべき位置に隣の歯が倒れこんできてしまい、歯の並ぶスペースがなくなってしまいます。

永久歯の本数が足りない
(永久歯の先天的欠如)

生まれつき歯の本数が足りないお子様が増加傾向にあります。
永久歯が一向に生えて来ず、歯並びやかみ合わせが悪くなったり中心が片方にずれてしまったりしますが、事前に検査で足りないことがわかれば早めに対処できます。

子どもの歯列矯正で使用する装置

ムーシールド

浦安 あらかわ歯科医院・ムーシールドのページへ

子どもの受け口(反対咬合)を治療するマウスピース型の装置。装着時間は就寝中と日中1〜2時間。
筋機能訓練装置とも呼ばれ、口周囲の筋肉のバランスを整えながら舌を正しい位置に戻し、かみ合わせを改善します。

もっと詳しく(ムーシールド)

T4K(ティー・フォー・ケー)

浦安 あらかわ歯科医院・T4K「トレーナー・フォー・キッズ」の略。
装着時間は就寝時とそれ以外の1〜2時間。
歯列不正の原因である舌・口唇・頬などお口周りの筋肉を正しく成長させて不調和を改善し、歯並びを治していく治療器具です。

マウスピースが上下一体型の為、見た目だけ並べるのでなくしっかりと噛める噛み合わせへと安定させながら歯並びを整えることができます。

もっと詳しく(T4K・ティーフォーケー)

床矯正(しょうきょうせい)

着脱可能な装置で、歯を抜かずにあごを拡げて歯を並べる保存の立場に基づいた矯正治療です。
装置は1日に14時間、装着する必要があります。

取り外し可能な矯正装置をお口にはめて歯を動かし、あごを拡大して歯並びや噛み合わせを綺麗に整えていく、子どもの歯にやさしい矯正治療です。

もっと詳しく(床矯正・しょうきょうせい)

 

中学生・高校生の矯正治療にはワイヤーを使用した固定式の矯正装置、マウスピース型の矯正装置「インビザライン」等での治療も可能です。下記のページをご覧下さい。

中学生・高校生の矯正治療

矯正治療中の虫歯予防

当院の歯科矯正には歯ブラシトレーニングや歯のクリーニング、フッ素塗布が通院料に含まれております。

食事中に取り外しができる矯正装置であれば固定式の装置に較べ虫歯や歯肉炎のリスクを減らすことができますが、ご自宅での毎日のブラッシングができていなければ、汚れがどんどんたまってしまいます。

数年間に渡る矯正治療が一段落して喜んだものの、装置を外してみたら虫歯が数本できてしまっていた、
或いは矯正治療の途中で虫歯が見つかり、装置を一時的に外して虫歯治療をしなくてはならなくなった、というケースがあります。

せっかく歯並びが良くなっても歯ぐきは赤く腫れているし虫歯だらけ、では本末転倒です。
歯科衛生士による歯のクリーニングで歯ブラシでは落としきれない汚れを除去しますので、毎月の検診には必ずご来院下さい。

お子様が幼稚園や学校での歯科検診で歯並びが要チェックになった、現在または将来的に矯正治療が必要かどうか確認したい等、検診やご相談でしたら通常の保険治療(浦安市なら小学校入学前なら無料・小学1年生〜中学3年生まで200円)となります。
どうかお気軽にお問い合わせ下さい。

RESERVA予約システムから予約する