当院の新型コロナウイルス感染対策について >>

歯周病と言うと「歯ぐきから血が出る」というイメージがあるかもしれませんが、もっと深刻な病気であることを認識して下さい。
歯ぐきの腫れや出血が代表的な初期症状ですが、進行すると歯を支えている骨が溶けて歯がグラグラになり、最終的には抜け落ちてしまいます。

このような症状はございませんか?

ひとつでも思い当たる場合は、歯周病かもしれません

・歯ぐきが痛い、腫れている
・歯ぐきから出血する
・歯がグラグラする
・口臭が気になる
・歯石が付いている
・歯に食べ物が詰まりやすい
・歯ぐきが下がってきた
・朝起きると口の中が粘ついている

30歳以上の3人に2人が歯周病になっており、歯がなくなる原因の第1位です。

歯周病の直接的な原因は歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の塊です。
歯垢が石灰化したものが歯石と呼ばれ、歯ぐきに炎症をひき起こし進行すると歯を支えている骨を溶かしていきます。
高血圧症・糖尿病・動脈硬化症・狭心症・心筋梗塞・誤嚥性肺炎等、多くの全身疾患と関連があると言われており、お口だけでなく身体の健康にも影響を及ぼす怖い病気です。

高い技術と知識を持った歯科衛生士が治療します。

重度の歯周病は歯科医師が外科処置をいたしますが、軽度~中度の歯周病の患者さまには、当院の高い技術の歯科衛生士が、スケーリング(歯石除去)やルートプレーニング(歯の根に付いた歯石や歯垢の除去)で処置をし、外科処置に至らぬよう歯周病治療をしています。
歯科衛生士は国家資格を持った歯周病治療・予防歯科のプロフェッショナルです(歯科助手とは異なります)。

歯周病の進行

歯茎が引き締まり、歯と歯茎に隙間がなく健康な状態。

軽度の歯周病。
歯茎が赤く腫れて、硬いものを食べたり、歯を磨くと血が出ることもあります。

中度の歯周病。
隙間の炎症が慢性化して骨が溶けはじめます。口臭があり、歯が浮いたような感覚があります。

重度の歯周病。
歯根を支えている骨が溶けてしまい、歯根が露出し歯がグラグラします。

歯周病治療についての詳細は以下のページをご覧下さい。