当院の新型コロナウイルス感染対策について >>

一般歯科

虫歯だけじゃない【歯の痛みとその原因】

歯の痛みとその原因

《痛みの原因=虫歯》とは限りません

「歯が痛い=虫歯」というイメージがありますが、歯の痛みを感じるのは虫歯だけではありません。
最近特に多いのが歯が折れてしまっていたり、歯ぎしり・食いしばり、長時間歯と歯を接触している癖による痛みです。
歯とは全く関係ない場所が原因で歯の痛みを感じることもあります。

 

初期〜中期の虫歯

歯に痛みが出たらまずは虫歯の可能性があります。
一度進行した虫歯は自然に治ることは絶対にありません。
初期の虫歯であれば治療費も治療回数も抑えられますので、早めの受診をおすすめします。

虫歯ではないのに歯に痛みを起こす原因には次のようなものがあります。

1.歯の破折(歯が折れた)

特に上の奥歯で見られますが、噛み合わせの力が強くかかって奥歯にひびが入り、神経に刺激が伝わって痛みが出ます。
初期の段階ではレントゲンにも写りにくく、原因が見逃されがちです。

2. 知覚過敏

歯茎が下がって歯根がむき出しになることなどによって、冷たいものの刺激でしみたり、歯ブラシが当たるとツーンと痛みを感じます。

3. かみ合わせの過剰負担・接触癖

歯に異常な力がかかることによって、歯の周囲の歯根膜にダメージが加わって痛みを出します。

ブラキシズム

歯ぎしりや食いしばりのことを総称してブラキシズムと呼んでいます。夜間のブラキシズムにより歯に強いダメージが加わり、痛みを出すことがあります。

歯列接触癖

上下の歯を長時間、無意識に合わせてしまう接触癖です。
食いしばったりするような強い力でなく《クッ》と軽い力が加わるだけでも、それが継続して行われることによって歯根膜に負担がかかり痛みを生じる場合があります。

かみ合わせが高い

詰め物や被せ物を入れて噛み合わせが高いと、その部分が強く当たってしまい、歯に痛みが出てきます。

4. 歯の周囲の組織の炎症

歯周病による歯茎や歯根膜の炎症、根尖性歯周炎(歯根の先端に膿がたまるなど炎症をおこすもの)による歯根周囲の炎症によって歯が痛くなることがあります。

5. 親知らずが生える時

親知らずが生えている途中で、手前の歯を押す力が働くと、押された歯に強い痛みを感じることがあります。

6. 矯正治療の歯の動かし始め

歯並びを治す矯正治療で歯を動かす際に、歯の周囲の組織に力が加わるため、歯を合わせるだけで痛い、硬いものが食べられない、というような痛みを起こすことがあります。

7. 副鼻腔炎

上の歯の上部にある副鼻腔が風邪などによって炎症を起こして膿を溜めると、上の歯(特に奥歯)にズーンとした痛みを出す場合があります。また、噛むと痛いという症状を出すこともあります。

 

8. 咀嚼筋の痛み

顎関節症(がくかんせつしょう)などによる咀嚼筋(噛む時に使う筋肉)の痛みによって、奥歯を中心に重苦しい痛みが出る場合があります。

9. 群発頭痛

群発地震のようにある期間に集中して頭痛が起こるものです。春先や秋口などの季節の境目に始まり1~2ヶ月、毎日激しい頭痛を起こします。その発作の合間にほとんどのケースで歯の痛みも伴います。その後おさまっても、また半年から2~3年後にまた再発をします。

10. 三叉神経痛

三叉神経とは顔や口の中全体の感覚を脳に伝える神経で、三叉神経痛は何かの動作や物理的な刺激によって顔面に鋭い痛みを出します。
奥歯にも強い痛みを出すことがあり、歯も磨けなくなるほどです。

11. 狭心症・心筋梗塞

狭心症や心筋梗塞の痛みが下あごの痛みや歯の痛みとして感じられることがあります。

12. 帯状疱疹

帯状疱疹は、感染した神経の分布域に強い痛みが現れる急性の神経の炎症で、帯状疱疹の水疱が現れる前の段階で上の歯、下の歯に歯髄炎(歯の神経の炎症)のような強い痛みが出ることがあります。

13. 心因性疼痛

精神疾患の一症状として歯の痛みを出すことがあります。
これは脳の痛みを感じる部分と感情をコントロールする部分が近い位置に位置しているため、感情が痛みの感じ方に影響を与える、と考えられています。


 

歯の痛みについてのご相談はこちらから

RESERVA予約システムから予約する

関連する治療内容